2009年01月19日

ゴム入り平組ひも発祥の地の石碑

sekihi.jpg
上の画像は、かほく市高松の地内の石碑の写真です。クリックすると拡大されます。

 

日本のゴム入り平組ひも平ゴム・コールゴム)の発祥の地の石碑を紹介します。
 
 
ゴム入り平組ひも発祥の地」の石碑です。(碑文を掲載します)


     碑文
 

 竹田吉次氏は、福井県で麻紐を修得

金沢市の山田鉄工と計り、研究努力を

重ね幾多の苦難にもめげず、大正十三

年ゴム入平組紐機械を考案

当地で始めてゴム入製紐業を創業した

草分である。

 本町の基幹産業の基盤を築かれし人

物で、その功績は、昭和四十三年、第一

回町顕彰に選ばれ、晴れの栄誉に輝く
 
          石川県製紐工業協同組合 
 
        高松町商工会

        平成十三年十月吉日

さて、81位になったようですね。ありがとうございます。現在は何位かな?⇒ぽちっとクリックお願いします
ポチッとクリックしてください。皆様の暖かい”1クリック”を、どうぞよろしくお願いします。 ↑
  

 
追記:高松商工会は、3町合併により、現在は、かほく市商工会となっています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25667881
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック